2006年04月16日

Q.三井式温熱療法とは

三井式温熱療法は鍼灸師である故三井とめ子先生が開発した療法です。

遠赤外線を放射する温熱器(医療用具承認)で、身体をなぞって熱を入れて行きます。

特に冷えのきつい場所や何かトラブルのある場所は、同じようになぞっていても、他よりも強い熱さを感じる部分があります。

その部分をバランスするように熱を繰りかえし入れていくと、次第に心地よい温かさに変化して行くことを感じられるでしょう。

これが、健康体へと導かれる過程なのです。

「期待される施術効果」

1.血管の拡張
  毛細血管の流れがよくなり、血流量が増加します。

2.免疫作用の増強
  リンパ球が活性化します。

3.自律神経の調整
  背面部の筋肉の緊張を柔軟にし、交感神経の過敏状態を緩和します。
  腹部に熱を入れることにより、副交感神経に刺激を与え、内蔵を活性化させ、心身のストレスを緩和します。

4.筋緊張の緩和
  全身の運動性のこり、内臓性のこりをほぐす。

とても気持ちの良い療法です。
さまざまな不調、慢性の疾患などでお困りの方、ぜひ一度お試しください。

00003_04122209500024.jpeg
posted by ハーモニー at 17:38 | 三井式温熱療法
zyosei-7.jpg