2008年02月17日

子供の頃の体験が、現在を作るのかな?

こんな事、思ったことありませんか?

「今、私が○○なのは、子供の時の○○な体験のせいなの。」

とか、

「子供の時の体験がトラウマになっていて、○○できない。」

とか、

「親が私を、○○に育てたので、○○な人間になってしまった。」

とか、

「子供の頃から、私って○○だった。だから、今でも○○なのは、しかたない。」

私も、何か悩みがあると、
昔の事(特に子供の頃)の思い出に、その理由を求めてしまいがちです。

あ〜、やだ。

このパターンにはまると、抜け出すのが大変です。


確かに、子供の頃の自分って、色々と問題を抱えていたかもしれません。

でも、それは、子供だったから。
子供は、未熟で当然なのです。
問題があっても、許されるのが、子供と言う存在です。

「なのに、いつまでも、完璧な子供でなかった自分を責めてしまうのはなぜ?」

「今の自分が、問題を抱えた子供時代と同じだと、いつまで信じつづけているの?」

「子供から大人になる段階で、たくさん経験を積むのは、人間の成長に必要なことなのに・・・
失敗したことばかりを思い出してしまうのは、なぜ?」


そんな事は、もう、全て、手放して良いのだよ〜。

過去の失敗や経験は、
今在るために、必要なことばかりだったのだからね〜。

責めなくても、良いんだよ〜。

その、成長過程にあった自分自身の姿を、しっかりと愛してあげよう。

そして、今日、成長している自分も、
明日の自分から見れば、愛すべき可愛い存在やよ〜。

自分をもっと、愛さなければ・・・

人を愛するためにも・・・。

そんな事を、しっかりと再確認させてくれたのが、前回もご紹介した。
この本です。



著者: ブレンダ・デーヴィス
出版社: 徳間書店




posted by ハーモニー at 21:13 | こころのメモ

2008年02月13日

オーラってあるのでしょうか?

オーラの泉というTV番組が出来てから、オーラと言う言葉もずいぶん市民権を得たようです。

それは、さて置き・・・(?)

人間、何歳になっても、自分自身に対する悩みは尽きません。

私自身、結構、と言うか、かなりオバサンですが、
まさか、この歳になるまで、思春期と同じように自分自身の事について悩み続けているとは、思いもしませんでした。

子供の頃、見ていた大人は、
みんな自信有り気で、堂々と自己を主張していて、自分に対する悩みなど、これっぽっちも無いように見受けられました。

でも、自分は、そこそこ大人になっても、少しも悩みは消えないし、それどころか、世間の波をかいくぐるほど、悩みは、増える一方だと気づいたのは、・・・

いつの日か♪〜♪〜

でも、まぁ、オバサンになったので、
ごまかすとか、開き直ると言ったテクニックは、身についています。

それで、なんとか、心の健康も保てて、にこやかに毎日をすごしているような次第です。

あれ?
なんか、ちょっと、書きたいことと違って来ましたが・・・

(オバサンは、ごまかすのが上手なので、すぐに話が横に反れるのです。)

え〜、こんなオバサンですが、
やっぱり、自分については悩む事が、あるのですよ。

で、
最近、愛読している本をご紹介します。



「魂からの癒し」チャクラ・ヒーリング 著者ブレンダ・デーヴィス


チャクラなんて言う言葉が出て来ると、拒否反応を示す方もおられるかとは思いますが・・・

自分の心の状態を分析し、問題点をあぶり出すために、とても効果的な考え方だと思っています。

しかーし・・・
私自身、この本を購入してからすでに、2年以上経過しており、現在になってやっと素直に読むことが出来ている。
と言った状態ですので・・・

皆さんに、「読んでみて〜。」と、おススメしているワケではありません。

何事にも、時期というものは、必要なようです。

何だか、中途半端に、長くなってしまいましたので、この点に関しては、また〜。



posted by ハーモニー at 18:13 | こころのメモ

2008年01月13日

良く生きることは、良く死ぬこと

良く生きることは、良く死ぬこと。
誰の言葉だったのか、覚えていませんが、私の生きるテーマとなっている言葉の一つです。

本日朝、知人の死の知らせを受けました。

以前住んでいた所のご近所の方です。
10年間その場所に住んでいる間、いろいろとお世話になりました。

まだ、60歳半ばで、高齢化する田舎では、まだまだ現役で、一生懸命働いている方でした。

急死です。
突然、何の前触れもなく。

出勤してこないのを不審に思った会社の方が、自宅を訪問して発見されました。(お一人暮らしでしたので)

ご本人も、まさか、この日に死ぬなんて、何の予測もしておられなかったでしょう。

あっと言う間に、一瞬の内に、この世での命が、肉体から離れました。

明日の仕事は、どうしよう。とか、
明日のおかずはどうしよう。とか、
明日は、何を着ていこう。とか・・・・

そんな、悩みは、一瞬の内に必要がなくなりました。

それより、もっと、重大と思われる不安。

例えば、歳を取ったらどうしよう。とか、
いつまで働くのだろう。とか、
お金がなくなったらどうしよう。とか、・・・・
いったい、いつまで生きるのだろう・・・と、言った不安も、

一瞬の内に必要がなくなり、ある意味解消されました。

生きることは、楽しいこともたくさんありますが、命がある限り、命を失う不安から逃れることはできません。

死を思わずには、生きられないのです。

メメント・モリ。

死ぬことから、目をそらしてはいけない・・・

死ぬからこそ、
無常であるからこそ・・・・

良く生きなければならないし、良く生きることが出来るのだと思っています。

生きることは、無常です。

ブッダの教えを身を持って感じた一日でした。
posted by ハーモニー at 21:29 | こころのメモ

2006年04月19日

慈悲の瞑想(Metta Meditation)


1.私が幸せでありまうように。
  私の悩み苦しみがなくなりますように。
  私の願うことがかなえられますように。
  私に悟りの光があらわれますように。

2.私の親しい人々が幸せでありますように。
  私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように。
  私の親しい人々の願うことがかなえられますように。
  私の親しい人々に悟りの光があらわれますように。

3.生きとしいけるものが幸せでありますように。
  生きとしいけるものの悩み苦しみがなくなりますように。
  生きとしいけるものの願うことがかなえられますように。
  生きとしいけるものに悟りの光があらわれますように。

4.私がきらいな人々も幸せでありますように。
  私がきらいな人々の悩み苦しみがなくなりますように。
  私がきらいな人々も願うことがかなえられますように。
  私がきらいな人々にも悟りの光があらわれますように。

5.私をきらっている人々も幸せでありますように。
  私をきらっている人々の悩み苦しみがなくなりますように。
  私をきらっている人々も願うことがかなえられますように。
  私をきらっている人々にも悟りの光があらわれますように。

6.すべての衆生が幸せでありますように。
  すべての衆生が幸せでありますように。
  すべての衆生が幸せでありますように。

(心の中でゆっくり唱えます)


*ダダゴト日記の「瞑想のついて」もご覧ください。
dream6.gif

posted by ハーモニー at 12:26 | こころのメモ
zyosei-7.jpg