2008年01月13日

良く生きることは、良く死ぬこと

良く生きることは、良く死ぬこと。
誰の言葉だったのか、覚えていませんが、私の生きるテーマとなっている言葉の一つです。

本日朝、知人の死の知らせを受けました。

以前住んでいた所のご近所の方です。
10年間その場所に住んでいる間、いろいろとお世話になりました。

まだ、60歳半ばで、高齢化する田舎では、まだまだ現役で、一生懸命働いている方でした。

急死です。
突然、何の前触れもなく。

出勤してこないのを不審に思った会社の方が、自宅を訪問して発見されました。(お一人暮らしでしたので)

ご本人も、まさか、この日に死ぬなんて、何の予測もしておられなかったでしょう。

あっと言う間に、一瞬の内に、この世での命が、肉体から離れました。

明日の仕事は、どうしよう。とか、
明日のおかずはどうしよう。とか、
明日は、何を着ていこう。とか・・・・

そんな、悩みは、一瞬の内に必要がなくなりました。

それより、もっと、重大と思われる不安。

例えば、歳を取ったらどうしよう。とか、
いつまで働くのだろう。とか、
お金がなくなったらどうしよう。とか、・・・・
いったい、いつまで生きるのだろう・・・と、言った不安も、

一瞬の内に必要がなくなり、ある意味解消されました。

生きることは、楽しいこともたくさんありますが、命がある限り、命を失う不安から逃れることはできません。

死を思わずには、生きられないのです。

メメント・モリ。

死ぬことから、目をそらしてはいけない・・・

死ぬからこそ、
無常であるからこそ・・・・

良く生きなければならないし、良く生きることが出来るのだと思っています。

生きることは、無常です。

ブッダの教えを身を持って感じた一日でした。
posted by ハーモニー at 21:29 | こころのメモ
zyosei-7.jpg