2007年12月23日

顔面のこり

最近パソコンを使っての作業が続いています。
目がとても疲れてしまい、老眼もかなり進んでいます。

そして、顔も・・・・何となく、冴えない表情です〜。

パソコンの画面をにらんでいる時に、にこにこしている人・・・
いませんよね。
どうしても、無表情になってしまい、顔の筋肉に老廃物が溜まりがちです。

何とかしなければ、と思い、顔のストレッチをやってみました。

実は、友人の影響もありまして・・・

顔のヨガとかストレッチの本がたくさん出版されていることを知りました。
(どうも、美容関係は、ちょっと疎いのです。)



図書館で、この本を借りてきました。

少し前に出版された本なのですが、歯科医の先生が書かれた本で、なかなか説得力のある内容となっていましたよ。

特に口の周辺の筋肉のストレッチや筋トレの方法が、載っていましたが、・・・
実行してみると、かなり良い効果を感じます。

顔の筋肉って、ほとんど動かしていないことが、手に取るように実感できました。

そして、顔のストレッチをしていて、初めて気がついたのですが、
顔のこわばりと精神状態は、かなり密接な関係があります。

暗い表情をしていれば、精神も暗い。
明るい表情をしていれば、精神も明い。

その当たり前のことが、腑に落ちて理解できたのです。

顔のストレッチや滑舌をしっかりやった後は、精神的にも、非常にスッキリします。

生き生きとした表情をわざと作っているだけで、心も生き生きとしてくるのです。

簡単なことですが、やってみるとすぐに実感できますよ〜。

本を買わなくっても、
「あえいうえおあお、かけきくけこかこ・・・・」
とか
「なまむぎままごめなまたまご」
といった早口言葉を、大げさに口を開けて表現してみてください。

声は、出せればよいですが、恥ずかしければ、発声しなくても大丈夫です。

やってみると、顔も心も、とてもスッキリします!
最後には、舌で、鼻の頭を舐めるつもりのストレッチもドウゾ!

顔のむくみもとれます〜。
posted by ハーモニー at 21:51 | 身体のメモ
zyosei-7.jpg